あしのおみやげ帖

アクセスカウンタ

zoom RSS 北東北&函館夏祭りの旅−いよいよ最終の竿燈まつり

<<   作成日時 : 2007/10/27 16:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

えごエピソードより続きます。

最終日のはずだった秋田
十二湖駅から五能線各駅停車に揺られ、東能代駅までのんびり乗車。
昼下がりの各駅停車内は、美しい車窓が流れているというのに、ぱらぱらといる乗客全員がうたたね中(除くあし007)。ことこと揺られ、緑が流れていくと、確かに心地よし。でも、あし007は旅情にひたっていたので寝なかった。
画像東能代駅から秋田駅までは特急「かもしか」に乗車。今晩竿燈まつりがあるせいなのか、ほぼ100%の乗車率。田んぼの中をぴゅーっと走る特急に揺られて、今度は爆睡してしまった。

本当は、まつりを見て、夜更けの寝台特急「あけぼの」に乗り、明日の朝東京に着く予定だったが、あけぼの運休により、今晩はここで1泊して明日は角館を観光して帰る。
秋田駅到着後、駅前のビジネスホテルにチェックインして、最終日なので向かいのイトーヨーカドーでお土産を物色。竿燈まつりにあわせてか、秋田物産展をやっていた。
前回触れた「えご」もこちらでチェック!

いよいよ竿燈まつり
4夜連続のまつり最終日。
連夜のことでさすがにお疲れ?あし007。
それとも感性が擦り切れてしまったか?
このお祭りは地味目。少しだけ見て終わりにしてしまった。
今まで、函館花火大会、青森ねぶた、弘前ねぷたと来て、派手派手な色を見すぎたせいかも。といっても祭りって基本的に派手派手かと思うが。

会場近くの歩道橋から、稲穂のようにしなる竿燈が重なり合うように見えたときは圧巻であったが、当然ここでは観覧できない。沿道のホテルの窓から見るとよいのかも。
ただし、基本的にこのお祭りは人間の技を見るもの。
画像画像

人間技が凄いよ!
あのでっかい竿燈(重いもので50kg)を、手のひらに載せたり、額、肩、はたまた腰(?!)に載せたりして妙技を競う。
ときには、あれ〜と倒れたりする。
名人は身体つきからして、竿燈名人とわかる。首が太くて下半身ががっしりして背の高くない人。オリンピックで見るレスリング選手のような身体つきの人は、間違いなく竿燈名人だ(勝手な判断だけど、結構当たった)。

技を見せる人とそれを応援する周囲の家族同僚は楽しい、どちらかというとプライベートなお祭りなのだなと思った。

秋田泊
今晩の宿は、祭り期間というのに奇跡的に2日前に予約できたホテルアルファーワン秋田。
ほんと助かった。ここが取れなかったら竿燈まつりを見ずにすごすごと最終の秋田新幹線で帰京してた。
それも今回の4泊の中で、一番安い値段で宿泊できた。
祭り価格じゃないのがエライ。普通のビジネスホテルだけど、駅前だし、隣に夜遅くまで開いてるイトーヨーカドーはあるしで、使い勝手がいい。

画像翌朝、駅ビル内のパン屋さんで、黒豆パンのサンドイッチ他を購入し、やはりイトーヨーカドーで前夜購入して冷蔵庫に入れておいたヨーグルト持参で秋田新幹線「こまち」に乗車した。

おまけ旅行の角館へつづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

あしのおみやげ帖

ブログもくじ◆◇◆

  1. 旅とおみやげ部
  2. アート部
    美術館*博物館めぐり
  3. 映画部★★★★★
  4. 花と園芸部
  5. 手作り*体験部
  6. ムーミン部
  7. 美味しいもの*好きなもの部
    パル記事もここ

北東北&函館夏祭りの旅−いよいよ最終の竿燈まつり あしのおみやげ帖/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる