マトリョーシカラブ

最近マトリョーシカはやってますが、あし007もラブでござる。 それも何十年も前からねっ(あ、歳とってることの証明だな、こりゃ)。 最初は子供の頃にもらったお土産。 そのとき聞いたのは、マトリョーシカは日本の民芸品がもとになってるというお話。 そのころは「ふーん。ありがたみ半減。かわいいけど。」とある意味子供らしい冷めた反応だ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

マト子を探して

暗渠サイクリングも豪徳寺の寄り道(招き猫の寺)も、すべてはマト子をゲットするため。 なにかよい手土産はないものかとネット検索して見つけたマツヤのマト子。 ひとつひとつ丁寧な作りのロシアチョコレートと、それと何よりも可愛いマトリョーシカのパッケージにひかれ、これだ!と思ったのだが。 なんせマツヤさんは新潟のお店。 あきらめ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

招き猫の寺

暗渠サイクリングの帰り道にふらりと寄ってみた豪徳寺。 招き猫の寺というのは聞いたことあったけど、ひこにゃんの先祖とは知らなかった。 豪徳寺にある井伊直弼のお墓を見て 井伊家⇒彦根藩+招き猫=ひこにゃん と気付くの遅っ。 招き猫さんたちがずらり。 役目を終えた(お願いを成就した)ネコちゃんたちを納める場所。 とに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暗渠サイクリング

世田谷方面に自転車で行くならば⇒暗渠サイクリング! ちなみに暗渠(あんきょ)とは、川の上部をふさいでしまったもの。普段通ってもわからないような地下にあったり、緑道などに整備されていたりする。 だからサイクリングといっても、緑道は憩いの場でもあるので、スピードは出しません。 初めは今年の春の桜サイクリングで馬事公苑を経て世田谷美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パルシステム「私の手作り料理体験談」★おしるこの巻

久々参加の手作り体験談。 もちろん理由は、おしるこだから。 あんこ関係は参加しないとねっ。 材料は小豆と砂糖(花見糖)と水と塩だけ。 あずきを一晩水につける手間もなく、洗ってすぐ煮始めるから思い立ったらすぐできる。 レシピでは1時間半とあったけど、圧力鍋で煮てしまったので30分でできあがった。 普通に煮る方法は「パル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山形の玉こんにゃく

山形名物玉こんにゃくを初めて食べたのは旅先の屋台だったなぁ。 あ、あれは岩手だったか?! とにかく、それ以降もお祭りの屋台であの香ばしい醤油の香りが流れてくると吸い寄せられてしまいますぅ。 美味しくてヘルシーだし♪ それが今やキットで売ってて家でできるのだから。 パルシステムで購入した『山形玉こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本にいても旅は続くのだ!の巻(フェルメール全点制覇の旅?の途上)

百名山とか百名城とか、七福神巡りも?もしかしたら四国八十八箇所巡りもかな。 日本人は(あし007も含めて)スタンプラリー的踏破の旅がとっても好きなのでは。 フェルメール全点踏破の旅に挑むのもやっぱり日本人特有なのか?それとも海外でも流行っているのか? 巡りの旅や踏破の旅は、どんなものでも何か縛り(範囲)があってゴールがないと挑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どら焼き好き

冷凍にあるとうれしいもの。 ←きのこじゃないよー。 どらやき。 でも、冷凍向きのどら焼きなのは。 ぱかっ。 生どら焼きだから。 生どらって既にどら焼き界の一部分を担っているな。 こちらはあずき味の生クリーム入り。 パルシステムで購入した「米屋の生どら焼」。 どら焼き生地部分が特に好き。 冷凍のおかげで、焼きた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

相棒といえば日比谷公園

前評判通り、今年の紅葉はとにかく綺麗。 遠くに行かなくても、近場の紅葉も素晴らしくて。 ここは京都ですか? の風情。 夕方近くに日比谷公園を通ったら、いつもの噴水も黄色に映えてます。 日比谷公園の噴水といえば。 「あー今日は相棒だよ。」 そうそう。 右京さんと官房長、ここでお茶してたわね。 今日はあったかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イルムスムーミンがやってきた!

普段しまってあるムーミン配達員(前のブログ)を久しぶりに取り出し日の目に当てたら(虫干しか)、なんと次の日、もうひとつのムーミンが届く。 ムーミン写真ブログが続くのは全くの偶然。 包みをばりっ。 おなじみイルムスカラーの箱現れる。 じゃーん! ムーミンなの?! イルム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄色と水色の世界

東京紅葉サイクリングは赤の世界から黄色と水色の世界へ。 神宮外苑の銀杏並木。 まさか、こんなことになってるとは! まず驚いたのは美しさというよりも、ものすごい人人人の大混雑状態。 え?! 普段の休日の閑散とした様子が一変。 はとバスやら観光バスが繰り出していて。 こんなに人がいるとは思ってなかったので、「黄色の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京紅葉サイクリング赤の世界

旧乃木邸の照る葉もみじ 鎌倉に行く予定が寝坊して。 絶好の行楽日和なのに(涙。 だったら自力。自転車で紅葉を見に行ってみよう! まずは乃木希典の邸宅、旧乃木邸。 厩はレンガ作りなのに、邸宅は質素な西洋館だった。それだけ馬を可愛がっていたのだそう。 窓辺にぐるりと見学用デッキがあって、外から中の様子が見学できるようにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大琳派展その4「抱一の風」

大琳派展では光悦、宗達、光琳、乾山、抱一、其一の6人がフューチャーされていて、中でも今一番好きなのは其一。でも、すべての作品の中で一番好きなのはどれかというと。 酒井抱一の『夏秋草図屏風』(重文)。 東京国立博物館の詳細写真はこちら。 これを見ていると、写実じゃないのに映像の前にいるような気分になる。 ずっと眺めていたい気分…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大琳派展その3「鹿笛と奈良と光琳菊」

鹿しか大作戦で、奈良鹿の写真を撮ったりグッズを求めたりしてなかったら、「綺麗な蒔絵ね。」と通り過ぎていたかも。 今日の一品 本阿弥光悦の『群鹿蒔絵笛筒』 大琳派展でも紅葉に鹿とか、鹿モチーフはいろいろあったけれど、この鹿笛の鹿が一番印象に残る。 鹿のポーズや群れる様子が、「まさにおととい奈良で見た鹿の様子そのもの!」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大琳派展その2「風神雷神」

いつから琳派好きになったのか? それほど大昔からではなかった。 クリムトも琳派の流れで語られていた国立近代美術館の琳派展に行ったあたりからか。クリムトファンだったので。 クリムトが琳派の影響を受けているかどうか? うーん。うずうず模様や金地は一緒だけど。。。その後クリムトの本で、お父さんが金細工職人だと知ってから、ちょっと違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大琳派展その1「夏秋渓流」

東京国立博物館の大琳派展は、ほんと愉しみにしていた。 ただ、有名作品がぞろぞろ出品されるせいで、展示期間が限られた大作が多くて、いつ行くかが大問題。 お目当て作品が出品されるまでじっと待つ。 そのため、前日旅先の京都で細見美術館の「琳派展」を見て、東京に戻ってきた次の日に「大琳派展」という変な、でも贅沢な日程になってしまった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好評マークが好評

永年パルシステムを利用していると、だいたい注文するものは決まってきて、カタログ見てもお馴染みな商品しか目に入らない不思議。 そんななか、「おっ!」と目に留まるのが「好評」マーク。 パルシステムのカタログの好評マークを見て注文して、「なるほど好評!」だった「揚げ出し豆腐(たれ付)」。 小さな揚げ出し豆腐が4個入っていて、たれも添…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿しか大作戦☆鹿アルバムの巻

鹿グッズが気になるきっかけは、TVの「鹿男あをによし」のエンディングで、音楽に乗って鹿が群れをなして走ってる姿を見てから。 鹿ってなんて美しいんだろう。 奈良に行ったら鹿写真を撮って、鹿グッズ買って帰ろうと決める。 鹿みやげは買った。⇒鹿しか大作戦☆鹿グッズの巻 今度は、鹿写真だ! といいながら。。。 生鹿はやっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いきなり冬なのでやっつけ鍋

夕方、鮮やかな茜雲をバックにした富士山がくっきり見えた。 富士山が見えると、冬だなぁ。 急に鍋ものが食べたくなったので、夕飯は家にある材料でやっつけスピード鍋にする。 お吸い物の具にしようかとパルシステムで買った「佃灌いわし団子」。 あとは冷蔵庫にあった野菜と昆布。 それと、きのこ類を切らしてたので乾燥舞茸を入れる。 以…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ユーロ安とムーミマグ

ライオンズが優勝したことはもうすっかり忘れ去っていた。 週末池袋に行き、西武にてライオンズ応援の華々しい音楽(エンドレス)を聴いて。 「そうか。まだ一週間経ってないんだ。。。」 3日経つとすべては過去に。 池袋に来たからには、イルムス詣でをしなければと寄ってみれば。 な、なんと。ライオンズ優勝10%オフセールをしているでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿しか大作戦☆鹿みやげの巻

小学校の遠足で、初めて自分ひとりでおみやげを買ったのが、鹿グッズだった。 どこにでも売ってた金色の小鹿。 あれ、どこにいったのかなぁ。 おみやげに、ちょっとした動物の置物を買いがち。 ゾウとか。 中でもずっと長い間集めているのは、「陶器の小さな犬」。 おみやげだけじゃなく、普段も見つけたら買ってしまうほど。 でも、最近…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スゴ衣と書いてすごいと読む

秋も深まりめっきり寒くなりました。暦の上では冬でした。 今日のお題は、貴方の寒さ対策は? 「5本指ソックス。」 水虫対策じゃありませんよ。 指先がよく動いて、指の血行がよくなって、足先の冷え改善なのだ。 脂肪はたっぷりついてるけれど、やっぱり寒いの苦手。 脂肪が邪魔して?厚着も苦手。 もこもこするのが、超苦手な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大正昭和の童画の世界

国立国会図書館の『国際こども図書館』は、洋館目当て(明治大正昭和の洋館が好き)で訪れて以来ちょくちょく寄るお気に入りの場所。 本来なら図書館なんで、蔵書の方がメインなんだろうけど、少しはずれたところに理由あり。 1.旧帝国図書館を生かした洋館はいつ行ってもうっとり。 2.安価なお休み処あり。 3.無料の展覧会が充実してる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古民家でIKEA

町屋カフェとか古民家を活用したギャラリーとか、おしゃれスポットとして大人気だけど、なんかほっとする懐かしさと暖かさがあるのよね。ほっとする感じ。 昨夜遅くにどろどろに疲れて京都から帰って来たのに、大琳派展の日程が迫っていたため、洗濯機を2回回して、午後から上野に向かうことに。 ちょうどIKEA新三郷店のオープニングイベントのひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の終わりの始まり

旅は一度で三度楽しい。 ブロクやHP開設してから特に。 予習と計画。 旅本番。 写真整理と旅日記。 昨夜遅くに帰宅して、今日は上野。 なので今日も携帯から一枚
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日にアート三昧

先日誕生日でありました。 どうやって過ごそうかな?と考えて、大好きな美術館巡りをすることに。 それも、すごく楽しみにしていたフェルメール展をこの日に大事にとっておく。 まずは、予習ならで予習し忘れた(満員で予約できなかった)ミュージアムシアター『国宝 聖徳太子絵伝』を観るために東京国立博物館へ向かう。 お昼は法隆寺宝物館…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

温泉と梅三昧伊豆の旅-紅白梅図屏風

”つづく”のまま8ヶ月たち、季節はずれというか外れ過ぎて一巡しようかの今、大琳派展を機に完結編に着手しました。 3つめの梅。 神代の湯より続きます。 梅三昧の3つ目の梅は、梅の咲く時期にしか公開しないMOA美術館にある国宝。 尾形光琳の『紅白梅図屏風』 琳派の名品といえば必ず出てくる作品。 解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対決を振り返る

真夏の東京で行列して観た、東京国立博物館の『対決 巨匠たちの日本美術』を振り返ってみようかと。 勝敗表を作る。 赤字があし007が勝ち(と勝手に)決めた方。 運慶 VS 快慶 * 雪舟 VS 雪村 永徳 VS 等伯 光悦 VS 長次郎 宗達 VS 光琳 仁清 VS 乾山 円空 VS 木喰 大雅 VS 蕪村 若冲…

続きを読むread more

球体のふるえ

夏に東京国立近代美術館で観た『イタリア現代陶芸の巨匠 カルロ・ザウリ展』。 これは新聞屋さんからもらった招待券で行く。 そうじゃなければ、絶対観にいかなかったはず。 現代陶芸の他の作家さんも知らないし、巨匠ザウリも知らなかった。 彫刻のような陶芸作品が会場内にあふれるように置かれ。 最初は何がなにやら?で流して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008新酒の季節

ボージョレーヌーヴォー予約ののろしを見かけると そろそろ新酒の季節だ! でも、楽しみにしているのは、なんといっても日本のワイン。 この季節になると、パルシステムのカタログにぽちぽちと出始める国産ワインの新酒。新酒は特に”今回限り”のものが多いのでワインコーナーと特集チラシのチェックを欠かさないようにしなければ。 今回は新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤のやきもの

陶器市に行ってお手頃のやきものを探すのも好きだけど、手の届かない鑑賞するやきものを見に行くのも好き。 ただし、範囲は狭くて、色絵磁器。それも古九谷、古伊万里。 ルーツはなんでも中国。若冲の絵だって。 でも、日本で解釈して消化して日本人好みになったやきものがやっぱりいいなと思ってしまう。 (若冲の場合はそういう次元をつきぬけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本屋で図録

展覧会に行ったときのおみやげの一番は、気に入った絵のポストカード。 それとオリジナルのミュージアムグッズでお気に入りがあれば。 さらに、すごく気に入った展覧会や旅先で訪れた記念として図録を購入する。 図録はだいたい2~3千円で、本としては高いし(ボリュームや内容からいうと決して高くないのだけれど)、重くて嵩張るし、買うときはい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺

10月26日は柿の日。 柿は、枇杷、無花果に続き大好物のひとつ♪ 奈良旅の情報収集に代官山までサイクリングしたときのこと。 代官山駅近くの一等地に「奈良県代官山iスタジオ」という奈良の観光情報を発信する施設があり、柿の日にちなんだイベントをやっていて、美味しい奈良産の刀根柿をいただく。 そのときは10月26日の由来がわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血天井とりんぱの寺

応挙犬からの連想で杉戸絵といえば。。。で思い出した京都の養源院。 琳派の名品があると知り、訪れたときのこと。 ガイドブックに載っていなかったので、不用意な気持ちで行くと。 こちらは”血天井”で有名なお寺だった。 紅葉の京都旅行はどのお寺も大混雑。 なのに、ここを訪れた時(2005年11月)観光客が誰もおらず、恐る恐る声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラブリー応挙犬!

東京国立博物館にいる応挙犬。 むくむくして愛らしくてほんとラブリー♪ ミュージアムグッズもたくさんあって、あし007もてぬぐいやらシールやら持ってるよー! 人気なのもわかる。 ほれ。 この愛らしさ。 このむくむく加減。 朝顔と戯れてるの? ういやつういやつ。 予習ならの後あまり時間がなかったので、必ずチェッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貯蓄

今日のお題は「貯蓄する目的について」って。。。 金融危機に始まり同時株安になってこの先どうなるのか ってときに、すごいお題が出されたものだ。 もうほんとこの状況に唖然。 株も、続いて金も、まっさかさまに急落。 円買いが止まらない。 ドル安もそうだけど、ドルは毎日ニュースで流れるからあ”-と思いながらも、ショックに慣れなが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピノノアールは梅っぽい

以前書いて後で写真添付しよ。のままずっと編集中だった過去記事発掘。写真も探して公開だ! 表参道のカルディコーヒーファームのブルゴーニュワインセミナーに行った記録。 表参道GYREという去年オープンしたビルにMoMAのミュージアムショップが入っているというので寄ってみたら(当然ですが、優れものデザイングッズの宝庫であった)、地下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年中にブログにしたいこと

今日のお題は「今年中にやりたいこと!」 よくぞ10月というまだ間に合いそうな時期に聞いてくださった!→プレ爺へ。 いつも、なんとなく気になることがありながら、漫然と過ごして。 師走も押し迫り、除夜の鐘が鳴ろうかという頃になって初めて 「あ~今年もできなかった。来年がんばろう。」 で今年も終わり。 こんなんでいいのだろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

全日本ご不満放出選手権

夕刊の記事で見た 全日本ご不満放出選手権 booing.jp に参加してみた。 トブ太くんに不満を注入して飛ばすんだけど。 ↓ 不満で一杯いっぱいになったトブ太くんが、ぶしゅーって飛んでいく姿が。。。 哀愁。 不満注入の前には、不満カテゴリ(すごい言葉だ)を指定するんだけど、仕事、物価高、年金問題から恋愛、家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予習なら法隆寺宝物館

奈良旅の予習として東京国立博物館の法隆寺宝物館を鑑賞する。 ◆法隆寺宝物館 平成11年(1999)設計 谷口吉生 建物入口前の水の上の通路を通って入口に向かう。 時折静かな水面に噴水が。 建物内にあるミュージアムレストラン「ホテルオークラ ガーデンテラス」目当てと、あと2回ぐらい?しかここに足を踏み入れたことなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白パンのその2

以前「白ぱんの」チョコについては記事にしたし、もちろんパルシステムで「いちおしクリームパン」についても記事に。 でも、白ぱんのクリームパンについてはちょっと。 なぜなら。 白ぱんのようなふかふかしたパンは、ほんのたま~に食べたくなる方だし、いちおしクリームパンは完璧なんで、それでよいのでは?と「白パン(カスタード)」については…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘い漬物

日本橋のべったら市は、10月20日の恵比寿講と19日の2日間、べったら漬を売る市が立つ秋の風物詩。 でも、パルシステムのカタログで発見して(秋ですね)いち早購入したのだ! 東京の漬物「べったら漬」は浅く塩漬けした大根を米麹で漬けていて、ほんのり甘い。 塩気と甘味。甘辛の妙が大好きで。 この透き通った感…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ムーミンキャンペーンがやっと届く

夏にあったサークルKサンクスのムーミンキャンペーン。 今回はグッズの絵が原画風で素敵になっているせいなのか、はたまたムーミンファンが激増したのか、景品が早々となくなってしまい予約して首を長くして待っていた。 そのブツが届く。 季節はずれの涼風グラス2個。 一つはお弁当箱に交換しようかな。と考えていたら、なんと直前にPEI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切手で知る『非母観音』

行きたいなぁと思う美術展は、数年前まで西洋絵画ばかりだった。 積極的に美術館博物館巡りをするようになってからは、もっと広く好きなものがたくさん! その頃気付いたのが、「近代日本絵画は作者を知らないのにお馴染みの絵がたくさんあるなぁ。」ということ。 それは子供の頃に集めていた切手の中にあったから。 以前書いた岡田三郎助の『あや…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あし007作切手はり絵

芸術の秋。 といっても、自分で作るよりももっぱら鑑賞ばかり。 今日のお題は、『芸術の秋!あなたが作ったものを自慢して!』なんだけど、最近クロスステッチはお休みしているしなぁ。。。 で思い出したのが、夏の終わりに訪れた『切手の博物館』で作ったこれ。 題名:夏休みの思い出 れっきとした大人(あし007)の作品です{%うっと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

巨人優勝セール⇒マスキングテープ

お正月に三宅商店で見たときには、単色物ばかりだったのに、『2008はマスキングテープがきます!』という予告通り、マスキングテープブームがやってきて、かわいい柄物セットなど欲しいものが次々登場。 巨人優勝セールでプランタン銀座が全館16%オフというので、今まで迷っていたマスキングテープセットを購入してしまった。 それでも、かなり悩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車レーン切望

楽しかった「青山でボサノヴァ」Bossa 2008。 体育の日。スポーツの秋ですから、最終日は自転車で青山に向かうぞぉ! おー! 絶好のサイクリング日和。 乗っていても気分がいいし、さらに目的地(お愉しみ)がはっきりしていると、俄然自転車をこぐ足にも力が入る。 (でも、帰り道はへろへろ。帰宅後腿パンパン。) ボサノヴァラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良とイタリアに自転車で行く

奈良旅情報とイタリアのパンを求めて⇒代官山までサイクリング。 代官山の一等地に「奈良県代官山iスタジオ」というのがあって観光パンフレットなどが揃っているというので。 ガイドブックの地図よりもほんの少し広域で、小道も載っている奈良サイクリングに便利そうな地図を探していたのだ。 さすが情報局。希望の地図やパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more