ファイト!一発!工場見学

ファイト!一発!でお馴染みリポビタンDの大正製薬の工場見学に行ってきた!
画像

それは埼玉県の羽生市にあり。。。

大人になってから、自分の専門外のことなのに、製造の現場などを「なるほどー。」とか「すごいなー。」とか言いながら見るのがなぜか楽しくて。
今までもビールとかワインとかパンとか(←好きなものばかり)の工場見学に喜々として行ってきたけれど、今日はラインが動いてませんというものばかり。
できたら、だーっと製品が流れるように製造されている普段の現場を見てみたい!
との思いで遠路参加してきた。
さらに、この工場見学はサンプル百貨店で募集していて、いつでも押しかけられるわけじゃないというのも、工場見学プレミア感(?)高し。

画像見学行程は、工場のあらましビデオを見たのち、実際のラインを見学し、リポDを飲んで、皆で「ファイトォー!一発っ!」の合言葉を叫んで(左写真)、おみやげをもらって終了。

お望みのリポDがだーっと流れる様子も見学できて、大満足なんだけど。
普段自分がなにげなく口にしているものが、どんな行程で作られ、安全確保のためにどれだけ細心の注意が払われ(徹底した品質安全管理)、さらには自分が口にする(買う)ものを生産するために環境にできるだけ負荷がかからないように努めているか(環境共生)。
工場見学によって、そういうことがわかったことが一番かも。

仕入れたリポDトリビアも少し。
★リポビタンDの”リポ”は、脂肪分解のリポクラシスから、”ビタン”はビタミンから、想像つかなかった”D”は、Deliciousから(DrinkやDynamicの意もあるらしい)。
★1962年の発売当時の値段が150円?!今と変らない。。。けど当時はかなり高価だったのでは?
画像★リポDは世界16カ国で販売されていて、それぞれの国でパッケージも違えば(右写真、ずらーっとすべてリポD)、味も違うらしい。
甘さきつめが好きな東南アジアでははちみつ入りの甘さだったり、缶入りのヨーロッパでは微炭酸で、ドリンク剤というより清涼飲料水的感覚?
今度海外旅行した際には是非チェックしてみよう!

と工場見学のおかげでやたらとリポDに愛着わく。
(前から好きでよく飲んではいたけど)

今日のおみやげ
楽しい工場見学の後には、おみやげまで。
画像リポD10本(帰り道、軽く筋肉痛)。
水筒。
リポDボールペン2本。

どうもありがとうございました。

"ファイト!一発!工場見学" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント