本格焼酎と混和焼酎の違い

焼酎をあまり飲み慣れないので、芋焼酎とか名前だけで選んでいたけれど、もしかしたら混和焼酎だったのかも。

「本格焼酎」は昔ながらの製法で作られたもので、原料の風味や個性がそのまま残っているのだそう。
「本格焼酎」が乙類焼酎。

甲類焼酎は、原料や製法にこわだらずアルコールを精製して水で薄めたもので、これに乙類焼酎(本格焼酎)を混ぜたものが「甲乙混和焼酎」というのだ。
ふーん
本格焼酎と甲乙混和焼酎との違い、全然知らなかった。。。
日本酒造組合中央会のその名も日本の酒というサイトで知ったにわか知識なんだけど。

焼酎の魅力というと、やっぱり原料の風味。
と思っているので、できれば「本格焼酎」を選びたい。
本格焼酎にはラベルに必ず「本格焼酎」の記載があり、甲乙混和焼酎には単に麦焼酎の文字だけだったり(紛らわしいなぁ)、もしくは「甲乙混和焼酎」の記載があるそうなので、今度選ぶときは、ラベルをチェックして原料や製法にこだわった「本格焼酎」を選ぼうかと思う。

"本格焼酎と混和焼酎の違い" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント