クリスマスパンコレクション2008

クリスマス記事の最後は、いつものようにクリスマスパンコレ2008。
はじまり、はじまり。
なんだけど今年は異変が。。。

たぶん小麦粉の値上げに伴い、パン価格がかなり上がったせい。
あれだけパン好きなはずなのに、気分盛り上がらず。
(円高要因もありだいぶ下がったみたいだけど、反映されるのは夏ごろか。。。戻るといいけど。。。)
そんなこんなで、ここのところパン自体あまり食べなくなった。
自給率をあげるためにはお米だし。
いろいろ影響され、2008年のクリスマスパンは3つだけ。

画像1.シュトゥーレン〔ドイツ〕
クリスマスの横浜洋館巡りで訪れた、元町のウチキパンのシュトゥーレン。
2006年のドイツ製のみっちり感でもなく、2007年のフランス系パン屋さんのお菓子のような感じでもなく、その真ん中というか、昔ながらのパン屋さんが作った親しみやすくて飽きが来ない、程よい感漂う味だった。
ただしこれだと1日1切れと言わず2,3切れぐらいすぐ食べられちゃうな♪


画像2.クリスマスツリーブリオッシュ〔フランス〕
クリスマスの日になって、「あー今年はクリスマスのパンコレできないな。」と思い駆けつけたカイザーで見つけた一品。ブリオッシュ生地にドライフルーツが少し。パネットーネのようなブリオッシュ。
当然ですが、パクパクいけます。


画像3.フルーツとナッツのパン
毎年定番。パルシステムのフルーツとナッツのパン。
本名はたぶんフリュヒデブロード?(神戸屋キッチンでは別の名前だったけど失念)
ワインにもあう重厚なお味(今年はクリスマスの後、年末年始に食べた)。

画像
さてさて、来年はパン熱復活してるかな。

2007年のパンコレは、こちら
2006年のパンコレは、こちら

"クリスマスパンコレクション2008" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント