オルガン

サントリーホールの「オルガン プロムナード コンサート」は、お昼30分間の無料コンサート。
クリスマスも近づく12月の回は特に人気(バスツアーの方までいて)なのを思い出し、2年ぶりぐらい?に行ってきた。

今日はハンガリー生まれのオルガニスト ジグモンド・サットマリーの演奏で
J.S.バッハ「トッカータとフーガ ニ短調 BWV565」
C.フランク「コラール第3番 イ短調」
メシアン「『主の降誕』から「神はわれらとともに」」
の3曲。

さすがにクラシック無知のあし007でも、バッハのトッカータとフーガは聴いたことあったよ。
ショッキングなときに流れる”たりら~たりらりらーら~♪”←なんじゃ?
サットマリーのトッカータとフーガ ニ短調はたくさんCDが出ていて、オムニバスCDの場合もサットマリー演奏が入っていた。
とっても有名な方のようです。

以前この無料コンサートを訪れて、まったく知らない曲ばかりで、30分さえも長く感じられたものだけど、今日の曲はすべてドラマチックで重厚で初心者もひきこまれてしまうような演奏だった。

お昼のいい30分を過ごしました♪
ちなみに、時間は12時開場12:15開演で次回は1/15、2/12、3/19。
詳細は、「おでかけサントリー」で。
トッカータとフーガ ニ短調~J・S・バッハ:オルガン名曲集 [xrcd]
日本ビクター
2003-03-10
ジグモンド・サットマリー(シュニットガー・オルガン)
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"オルガン" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント