桜と七福神と若冲

寒い毎日が続くと、とにかく桜が待ち遠しい。

青空に映えるピンクの桜
それに夜桜。
今まで一番愉しかったお花見は、ワインの試飲会つき夜桜見物。
ワイン片手にライトアップされた桜を見ていると、時間が経つのを忘れるほど(単に酔っぱらってただけかもしれないけど)。

早く桜が見たい!
と思ったら、なんと椿山荘の桜は1月下旬から咲き始めてるそう。
お庭の桜が14種類もあって、早咲きのものは既に咲いているのだ。

実は毎年楽しみにしている七福神巡りに、今年行きそびれてしまったので、七福神巡りの本で椿山荘をチェックしていた。
由緒ある庭園(築庭130年)には、椿山荘七福神巡りと題された七福神が置かれているそう。
更に!
その本でびっくりしたのは、伊東若冲が晩年に手がけたという五百羅漢の羅漢石が、なんと椿山荘にもあるというのだっ(ちょっと興奮気味)。
椿山荘のHPの「庭園史跡めぐり」に七福神と羅漢石についての説明あり。

築庭130年周年記念「さくら祭り」もやっているので、早めの桜と七福神巡り、若冲の羅漢石を見に行ってみよう!
お花見ランチバイキングや夜桜バイキングもやってるしね

2/16に「やまがたおばこ」が咲き始めたとHPにあった!
フォーシーズンズホテル椿山荘東京は、こちら


"桜と七福神と若冲" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント