夏は読書

最近読む本といったら、カラー図版がいっぱいのアートや雑貨の本ばっかり。
”読む”というより、”眺める”かも。

子供の頃は夏休みが始まると、さー思いっきり好きな本が読める!
と思ったもの。
そうそう。
夏は読書。
読書感想文はキライだったけれど。
(でも、いろんなブログで書評とか、Amazonのカスタマーレビューとか見て
みんな読書感想文が好きだったのね~。と思うよ。
それとも、無理矢理書かされたおかげで、苦もなく書けるようになって
これも夏休みの宿題のおかげなのかも?!)

あのころからぜんぜん変わってないのは、好きな本のジャンル。
ミステリー好きは夏の読書の成果かも。
小学生のときはルパンやホームズや乱歩(←といっても少年探偵団もの)。
中学生のときはクリスティーや横溝正史(←ちょうどブームだった)。
高校生のときは松本清張。
そのあとは、海外ミステリーに移り、まあまとまって読む時間も少なくなり
だれかひとりの著作をだーっと読むということが少なくなっていった。

それに今は小説自体読まなくなっちゃったし。

そんな中、今でも新刊が出ると購入する作家がただひとり。
P.D.ジェイムズ。
1920年生まれだから、あ!もうすぐ90歳!!
新刊は2年に一回ぐらい出るので、ぼんやりしてると、あー出てたのね。
ということになる。
今回もそのくち。
2月に新刊の「秘密」が出てた!!と今頃気付く。

秘密〔ハヤカワ・ミステリ1833〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
早川書房
P・D・ジェイムズ

ユーザレビュー:
円熟の地平へ著名にな ...
おもしろい やめられ ...
さすがに最後か……同 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


2010年の夏の読書は、P.D.ジェイムズの「秘密」にしよう!
といいながら、実は前作「灯台」は買ったまま”つん読”状態だから先にこっち読んで。
あー考えただけでも贅沢。
なんせ、数年分の至福を一気にこの夏楽しむわけだから。


ブログやっててよかった コラブロ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック