牛とお爺さんのドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映画はあまり興味がなかったけれど、この予告編みたら心惹かれてしまった。



何気なく見たんだけど。
朝日が昇る青空をバックに牛とお爺さんのシルエットがとにかく美しくて、
そして被せるように

「その老いぼれ牛は
お爺さんと一緒に
30年も働き続けた。」

でぐっときてしまった。。。

他にも、口喧しそうなお婆さんがお爺さんに「農薬まいてっ。」と叫ぶんだけど
お爺さんは、「何をいう!」
「牛の食う草が毒になるっ。」
と答える場面とか。

動物と人との触れ合いドキュメントに弱い上に
美しい、失われた原風景が流れ
見ていると、牛を愛おしむお爺さんの心がこちらの心にも
じわじわ沁み込みそうな気になる。

韓国で封切は小規模だったのが、クチコミでどんどん広がり
異例の大ヒットというのもわかる気がする。

ちょっと心配なのは、泣き映画は苦手なんだけど
どうもこれを見て皆泣くみたいで。。。

牛の鈴音は、12月ロードショー。
実際に観た感想ブログは、こちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック