東京だりあグランプリ

東京国際映画祭のコンペ部門15作品のうち、結局5本観ることができた。
あ~楽しかった。

観たリスト
テン・ウィンターズ」(イタリア)
台北に舞う雪」(台湾)
「ダーク・ハウス/暗い家」(ポーランド)
「NYスタテンアイランド物語」(アメリカ)
「ロード、ムービー」(インド)

他にもあと2本ほど観たいのがあったけど日にちと時間が合わず。
最初は、1日に2本観るのさえも辛い。心がついていけない。。。とか言っていたけど、映画祭の虜になったら、疲れなんてそっちのけで「次も。また次も。」と観たくなる気持ちがだんだんわかってきた。
中毒みたいな?それともランナーズハイ?

というわけで、来年は綿密な計画を立て、もっとたくさん観たい。

さて。
5本しか観てないから、この中から東京サクラグランプリが選ばれる確率は低いけれど(予想ではアントニオ猪木主演の「ACACIA」かな~と思ってるんだけど)、あし的グランプリ、その名も
東京だりあグランプリ』(←勝手に創設しました)は。。。

「ロード、ムービー」

映画の楽しみそのものを描いた作品だったから。
なぜ映画を観るのか、明快に示してくれたから。
でも、明快じゃなくて難解というかまわり道して、なぜ映画を観るのかを考えさせられたのは、「ダーク・ハウス/暗い家」だったりするんだけど。
だから裏グランプリはダークハウスかも。

本当は「NYスタテンアイランド物語」も、すごーくまとまってて、うまいなぁでグランプリ候補なんだけど。
そんなこと言ったら「テン・ウィンターズ」は満足度満点だったし。

とにかく観た5本すべてはずれなしだった。

来年も楽しみ。

キネマ旬報 2009年 10/15号 [雑誌]
キネマ旬報社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック