パルシステム「私の手作り料理体験談」★苺大大福の巻

いちご大福作ってしまいました。
まーびっくり。
手作りだから野望(あし007希望)のでっかいいちご大福、その名も「苺大大福♪」(←なんか聞いたことあるような。。。)
画像

ムーミンのご先祖様もびっくり!苺大大福♪

材料や手順が簡素、さらに電子レンジで作るというので。。。
8個分の材料はこちら↓。
白玉粉150g
練りあん(こし)240g
苺8粒
砂糖70g
片栗粉

画像野望の苺大大福にあわせ、苺は6粒に。
うち2粒だけ特大苺で臨むことにした。

画像苺をあんで包む。
ぺたぺたする。
特に大きい苺はあんがうまくつかず苦闘の後が。

耐熱ボウルに白玉粉を入れ、水1カップを加えて溶かし、砂糖を入れて混ぜる。
(市販のあんが甘かったので砂糖を上記レシピより減らして入れた。)

ラップして電子レンジで2分、混ぜてさらに2分。
(うちのレンジでは2分の時点でかなりできあがった感があったので、後半は様子を見ながら1分に。)

粘りが出るまでよく混ぜ、片栗粉を広げたバットに移す。

ここで出来上がった餅を見て途方に暮れる。
あまりにねばねばて粘着力があり、とても苺を包むなんてできないよ。と。
(最初失敗したかと思った。)

それを救ってくれたのが片栗粉。
たっぷりの片栗粉が、とても制御できないと思った餅をどうにか手なずけてくれる。
(とはいえ、苦闘。べたべたでこなこなで写真撮る余裕もなし。)

伸びがよいので、ある程度伸ばし、あん苺の上にかけて、びよ~んと伸ばせばいい感じ。
ただし、片栗粉上では一度ちぎるともう2度と一緒になってくれないので、くっつけはなし。
それと、でか苺は苦闘が倍。
画像

手順が少なく簡素だけど予想したほど簡単ではなかった。
でも出来上がりの素晴らしさというか可愛らしさは感動物。
あと、苺は小さめが作りやすいかと。
(苺大大福の野望は無謀であった。)

詳細レシピはこちら↓
パルシステムの手作り料理サイト>>

前回の手作り料理チャレンジは「おからのサーターアンダギーの巻」。←こっちの方が簡単だったかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック