えごラブ

自己愛じゃありません。
あし007選★新潟おみやげ図鑑の番外編。

画像新潟の美味しいものでたぶん一番好きなのが『えご(いご)』。
えご草という海藻を煮詰めた食べ物。
見た目はこんにゃく風だけど、海藻食品なんで寒天(こちらは天草)に近いかも。
でも寒天と決定的に違うのは、その食感。
もちもちしているのだ!
海の風味(といってもかなり上品な磯の香り)ともちもち感。
酢味噌とともにいただきます。

えごについては、北東北&函館縦断夏祭りの旅の「えごエピソード」でも書いたけど、てっきり新潟の郷土食と思っていたら、旅の途中の青森県深浦駅で発見。その後秋田駅でも発見して、どうも日本海沿いで広く食べられているようなのだ。秋田のアンテナショップ「花まるっ秋田ふるさと館」でも売っているし。
まだ山形は未確認なので、今度是非行って確かめたいなぁ。

ちなみに、福岡の『おきゅうと』もえごと似ているけれど、食感が違うのとえご草の風味が薄い。
一般的にえご草100%では作っていないみたいだ(中には100%の店もあるかも)。

でもって、今回の新潟旅ではおみやげにならなかったのだが、後日母が新潟で購入したえご草を煮詰めてえごを作ってくれたので、週末もらって帰ってきた

画像えごてんこ盛り。
すぐ値段のことばかり言っちゃうけど、えごを東京で入手すると、こんにゃく一枚分で500円ほど。
そうそう大盤振る舞いできず、たまに買って大切に食べる。
それが、今回はこんにゃく4枚分あるので、お好きなだけどうぞ♪のえご長者状態

美味しかった~ごちそうさまでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック