友だち求む。わかいワニより。

『崖の上のポニョ』の試写会(前のブログ)に行って、本当いうとポニョよりも強烈に印象に残ったものがあって。。。

それは、三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー提供作品として公開されるロマン・カチャーノフ監督の『チェブラーシカ』の予告編。

ポニョもかわいいけど、観ている間わーっとなって、あ~楽しかった。おわり。
な感じだけど、チェブは、ずっとずっと心に残ってしまった。

チェブラーシカって”ばったりたおれ屋さん”という意味なのも、電話ボックスにさみしく住んでいることも、初めて知ってしまった。
かわいいけど哀愁があって。
漂うさみしさ。

「友だち求む。わかいワニより。」
ワニのゲーナの孤独にも。

チェブのことは、一時日本でブームになった宴の後、大量にセールにだされていたチェブグッズを買ったのがきっかけ。
なんかかわいいな。
昔持ってたたお猿の人形に似てるな。
それに、100円とか異様に安くなってるのが哀愁を誘うよ。
といくつか購入して。。。

その後、ロシアのオリンピック選手団が持ってるのを観て、国民的人気にびっくり。
画像

心鷲掴みの予告編がHPにて公開されていて、何回も観る。
最後、ゲーナがチェブを抱えて歩くシーンに毎回ぐっときてしまう。

なかなか行くのも大変なので、観に行こうかどうしようか迷い中。
DVDになったら欲しいかも。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぱんだ
2008年07月21日 17:27
チェブラーシカ。。
って「ばったりたおれ屋さん」なの。。
え?電話ボックスに寂しく住んでるの。。

きゅん。

みてみたい!
2008年07月23日 09:16
★ぱんださんへ
やっぱりきゅんときますね。。。この設定。
解説読むと、当時はソ連時代なので、不労所得のチェブは電話ボックスで暮らせというメッセージがあるみたいなんだけど、切ないわー。

この記事へのトラックバック