夏至の日のキャンドルナイトとジャジキ

6月21日は夏至。
ここのところ毎年100万人のキャンドルナイトに自宅でささやかながら参加している。
夏至(または冬至)の日に、電気を消してろうそくの灯りでお食事するだけのことなんだけど。

今日は大掃除をしたのでベランダで食事を目論むも、夜になって雨が降って断念する。
家の中でろうそくの灯りだけで食べると、結構暗くて、ろうそくがたくさん必要になる。
画像

キャンドルと美味しいワインがあれば、日常と違うわくわく感は演出されるので、あと特別なものとしては、カイザーのバケットモンジュと先週教わったばかりの「ジャジキ」を用意した。
画像

ジャジキとは、ギリシャ料理で、きゅうりとヨーグルトのサラダ。
以前にトルコ料理屋さんでで食べたことあった(名前は不明)。
それと南イタリア料理本を見て似たようなものを作ったことがあった(近いから食文化もつながっているのでしょう)。

今日作ったジャジキは、ギリシャのヨーグルトを使ったお料理としてカルディコーヒーファームで紹介されたもの。
本当は、水分が少なくてとにかくクリーミーなギリシャの本場のヨーグルトを使うのだけど、気軽に手に入らないし(もちろんカルディでは売ってる)、高価なので、以前使った裏技を使用することにした。

プレーンヨーグルト(甘くないやつ)を、コーヒーをドリップする要領で水分抜きするのだ。
1時間ほど冷蔵庫でドリップさせておいたら、クリーミーヨーグルト完成!
残った汁は乳清なんで、苦手じゃなければ、そのまま飲むのもよし。
栄養価高いので。

これに、刻んで塩しておいたきゅうりをぎゅっと搾ったもの、にんにくのすりおろし、塩、オリーブオイル、好みで刻んだミント、最後にレモン汁を入れてまぜて、冷蔵庫で休ませるだけ。

ぐー。
バケットにディップとしてのせると、やばいよ!という程食が進む。
ワインも進む。
画像

今日のワインはにゃんこ印のポルトガルのロゼ。
爽やかでフルーティーで、ジャジキに合う!

今年も楽しい夏至の夜。


地中海・猫の旅6500キロ【2枚組】CATS OF THE MEDITERRANEAN SEA
シンフォレストDVD 地中海・猫の旅6500キロ【2枚組】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月22日 17:51
とてもステキなディナーですね!!
(*^-^*)
私は、お風呂の電気節約ってことで、アロマキャンドルで明かりとってお風呂に入りましたが、夕食をろうそくで過ごす方がステキですね~。
2008年06月23日 11:57
★まめたろうさんへ
どうもありがとう。
まめたろうさんのアロマキャンドルのお風呂。
キャンドルナイトの過ごし方として考えつかなかったです。香りとリラックス効果で気分はリゾート♪素敵です~。

この記事へのトラックバック