プランタン銀座祭りと桜わらび餅あんみつ

年に何回かあるプランタン銀座祭り(勝手に呼んでるだけ)に行く。
昔書いた「プランタン銀座祭りでムーミンゲット」を読んでみて、年々スケールダウンしているなぁと実感した。

それでもひとしきり買い物して(靴とフィットネス用品を買う)、おみやげを物色しにデパ地下に寄る。
まずワイン売り場を巡り、安くて美味しいワインのセット売りに後ろ髪ひかれながら断念する。
その間逡巡していたら、高いロゼシャンパンを薦められたので試飲してみる。
「うーん、こんなに高いのに平凡な味である。」
と知ったかぶりして(心の声ですから)、次の売り場へ。

なんと。
いつも行列しているミエルの焼きドーナツに待ち人がいないことを発見!
ちなみにこの日は休業扱いなので、カード会員や招待券のある人(メルマガ会員でもらえる)だけが入れるのだ。
「チャーンス!」
なのだが、行列してないとなんとなく触手動かず(そういうもの?)。
東京パン屋ストリートで食べたことあるし。

結局、ぐるぐる回って疲れてしまい、ソフトクリームの京都嵐山サガパーで食べて帰ることにした。

一番人気とあった季節限定(こういうのに弱い)「桜わらび餅あんみつ」590円。
「どうぞぉ~。」と渡されたカップを見てぎょっとする。
で、でかい!
そして重い!!
カップの中に桜わらび餅、ソフトクリーム2種(桜味と抹茶味)がどーんと入っているのに、トッピングにまた桜わらび餅、煮豆、あんこ、黒蜜、そして道明寺の一口桜餅までどん!と載ってる。

桜わらび餅とは、桜風味のわらび餅と桜餅と両方を表していたのだ。
更に。
あんみつとは、寒天の代わりにわらび餅?!

もーなんでもかんでも入っていて、おいしいけど、丼一杯食べた気分。
おなかいっぱいになった。
後の祭りだけどカロリーが気になる。いくら豆乳ソフトクリームというヘルシー風な装いであってもカロリーはしっかりあるから太るはずっ。

それにしても、こんなにボリュームがあるのだから、もうちょっとゆっくりできる椅子があるとなぁ。
やたらと奥行きのない、落ち着かない小さなベンチがポツリとあるだけ。
荷物も置けないし、買い物袋を持ちながらでっかいカップ持ってちょこんと座って食べる。

余談だけど、最近撤退した六本木ヒルズの豆腐屋藤野の椅子も、やたらと奥行きがなくて座り心地が悪くて、「今時こんな居心地の悪さを演出するお店ってあるかな?」とびっくりしたことを思い出した。
もしかして京都人は小柄な方が多いの?
それとも単価安いんだからさっさと食べて早く帰れってことかな

追記:京都人の心遣いのひねり技ということで落ち着きました。
察しなさいということですね。


しぶちん京都

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

メミコ
2008年04月18日 13:06
冷や汗ものの アンミツなんて面白いですね
あし007さんの観察力には いつもながら そうなんだろうなぁ~って納得させられます 椅子の件:おしりが小さい女の子向き仕様なのかもね キュ~ティ~ハニ~とかね
2008年04月18日 19:07
★メミコさんへ
ほんとすごいんですって。質も量も。
あの椅子でくつろげるスレンダー女子のみ食べなはれってことかも。京都人の心遣いのひねり技。

この記事へのトラックバック