原料原産地を知りたい

冷凍食品を多用しているので、今回の冷凍餃子騒動には震撼。
そもそも野菜や肉魚は原産地で選べるけれど、加工食品は裏の表示を見ても原料原産地がわからないのが多くて困っていた。

だから、BSE騒動以来、加工食品は表示を見て牛由来のものが入っているかどうかをチェックしながら買い、中国野菜の残留農薬騒動以来、原産国もチェック。
でも、今回の騒動で気付いたんだけど(遅いよ)、中国で加工した肉や中国野菜を輸入して日本で加工していたら、日本製なんだなぁ。原産国のチェックは単なる気休めだ。

どんなに気にしても、外食で口にしているだろうから、しかたないこと。
でも自分で選べるものぐらいは納得したものが買いたいし、更に、選ぶ消費者が増えれば、国内産の材料を使う企業が増えて、いつしか食料自給率が上がるきっかけにもなるかもしれない。という淡い期待もある(微力だけど)。

パルシステムで購入した「直火炒めチャーハン(産直米)」は、そんな気持ちを少し払拭してくれる製品。
カタログで知ったのだが、チャーシューの豚肉と卵に加え、今回はねぎ、にんじん、しょうが、にんにくも国内産になったそうだ。
更にお米はパルシステムの産直米になり、うれしいリニューアルだ。
画像

←電子レンジでチン。

チャーハンを家で作ると、火力の違いなのか、どうしても外で食べる味に及ばない。
それがこの「直火炒めチャーハン」は、外で食べるような香ばしさパラパラ感で本格味なのだ。
こういう国内産原料の商品をたくさん作って欲しいな→パルシステムさんへ
加工食品もすべて原料原産地表示して欲しいな→農水省?かな
外食のメニューにも原料原産地表示して欲しいな→外食産業の皆さんへ
食糧自給率が他の先進国並みに回復して欲しいな→自分を含めた消費者

画像「直火炒めチャーハン(産直米)」は、2食分で418円。
パルシステムは、こちら


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月08日 07:12
スーパーの冷凍食品コーナーでも、中華系のメニューは手に取るのをためらってしまいます。でも、全部国産って、やろうと思えばできるんですね!

また、一食分ずつ包装されているのですか?これは嬉しいなぁ。
2008年02月09日 12:25
mさんこんにちは。
スーパーの冷凍食品売り場、なんとなく閑散としてますよね。私もためらいがちです。

チャーハンは1食ずつです。ひとりで食べるとき重宝してます。

この記事へのトラックバック