温泉と梅三昧伊豆の旅-独鈷カフェとおみやげ

2つの梅林より続きます。

画像お昼は、修善寺の「独鈷の湯」の真ん前にある「Cafe & Gallery 独鈷茶屋」に。

こういった”ここちよくておしゃれなカフェ”というと、イメージ的には京都を思い浮かべるけれど、今や日本全国カフェ文化は浸透していて旅先で必ずめぐり合える。
特にお目当てがないときは、お昼ごはんや一服お茶処として迷わずカフェを選ぶ。
はずれなし。
独鈷茶屋もそう。

修善寺の名物は黒米みたいで(知らなかった)、他のお店でも黒米を使ったご飯処がたくさんあった。
ここ独鈷茶屋でも黒米メニューあり。

画像画像

黒米おにぎりセット、黒米ぜんざいセット。いずれも800円。
特にぜんざいの黒米餅がすご~く好きだった。
黒米餅、おみやげで探したけれど見つからず。また探して食べたいなぁ。

画像そして、ここで特筆すべきは、器。
どれも手作りの木の器で、使っていてとても感じがいい。
カフェ内にも、この器の展示即売ギャラリーがあって、今日のおみやげはここで調達。
器の裏を返すと材料の木の名前が書いてあってそれも嬉しいポイント。


画像お食事の後は修善寺にお参り。
そして温泉宿へ。

つづく

旅のしおりは、こちら
アルバムは、こちら
もくじへ



今日のおみやげ
小鳥のバターナイフ。
手作りなので、ひとつひとつ小鳥に表情がある。
どの子にしようか悩んで選んだのがこれ。
画像

木は「かいづかいぶき」とあった。
初めて聞いた名前だったが、お店の人の話では「街でよく見かける木だから名前を覚えてね。」とのこと。
その後調べて、公園や街路樹によく使われている身近な木だと知る。漢字だと貝塚伊吹。

今日のカフェ
◇店名:Cafe & Gallery 独鈷茶屋
◆品書:黒米ぜんざいセット
◇価格:8百円
◆満足:★★★★★
◇HP:http://www.shizuoka-navichi.net/shop/shop.shtml?s=1120
◆備考:↑はカフェのHPでなくクーポンのページ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック