エコな人⇒地獄の肩絞りヨガ

突然、エコな人になろうと思い立ち、家でひとりの時は厚着してスポット暖房だけで過ごしていたら、寒さで肩がごりごりになってしまった。
それでヨガ。

とにかく地獄の苦しみのようにきつかった肩を絞るようなポーズ。
ほにゃららアーサナという名前があったけれど、覚えやすい何々のポーズという名前はわからなかったので「地獄の肩絞りポーズ」と勝手に命名。

ポーズは
安座で手を後ろ手に組み(このとき手のひらをぴったりくっつける)、手のひらが離れないようにしながら上にあげて前屈する


似た様なポーズで立って同じように腕を上げることはあったけれど、安座前屈でやると、より腕周り肩周りに効くようで、ごちごちの肩に「うごぉー!」となるほど効いた。
こりゃ地獄の肩絞りだよ。とほほ。
ヨガのポーズは決して痛いほどやってはいけなくて、イタキモで止めないといけないんだけど。

さて、地獄の肩絞りポーズを続けるべきか、エコな人を止めるか。。。

Yogaに役立つ解剖学 アーサナでのケガを予防する
Yogaに役立つ解剖学 アーサナでのケガを予防する

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月11日 11:57
ヨガで健康になりたいですね
デンコ
2008年02月11日 19:06
ききますね、このポーズ。
仕事中にするのもよいかもです。
2008年02月12日 15:02
長田ドームさん、ヨガやってると「病気にならない。」という妙な自信?が湧いてきます。不思議です。
2008年02月12日 15:06
デンコさん(もしや東電の?)、地獄の肩絞りヨガ、早速やってみてもらえたのでしょうか?かなりきついです。

オフィスで椅子に座りながらでもできそうですね(安座じゃなくて)。どうしても痛いときは、手を組むときに手のひらにボールをつつむくらいでやると楽です。決して痛いほどやってはいけないので。

この記事へのトラックバック