クリスマスパンコレクション2007

クリスマス記事の最後は、昨年同様クリスマスパンコレ2007。
はじまり、はじまり。

1.シュトゥーレン〔ドイツ〕
画像トップバッターはやっぱりシュトゥーレン。
というか、クリスマスパンを見つけようとパン屋さんを覗くと、ドイツパンのお店でなくても、どこでもシュトゥーレンとなるから。
そこで、今年は話題性でミシュランの星付きの店のパンにしてみた。
六本木ヒルズのラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション。
このシュトゥーレンは小で840円。
さて、お味はというと、うーん。お菓子みたい。
ドイツのシュトゥーレンは、みっしりした味で、とても一気には食べられませんという重さだけれど、こちらはフランスのシュトゥーレンなので?ほろほろっと軽く食べやすい味。だからかあまり日持ちはしない。


2.パネットーネ〔イタリア〕
画像シュトゥーレンが甘かったので、甘そうなパネットーネを買う気持ちがしなかった。
というわけで、お茶に立ち寄ったセガフレード・ザネッティでお気軽におやつとして食べたパネットーネで済ますことに。
イタリア製のようで、大きなホールでも売っていた。二切れで450円。
周りの砂糖粒が甘いけれど、生地は甘くなくて、ここのパネットーネは好きだなぁ。


3.フリュヒデブロート〔ドイツ〕
画像この名前!ずっと知りたかったのが遂に判明。
パルシステムや他のパン屋さんでも「フルーツとナッツのパン」みたいな日本人向けな名前で売られていたからずっと謎だった。
確かに覚えづらいフリュヒデブロート(店でメモしてしまった)。
横浜のワールドボーターズにあるル・ボ・パン(LeBonPain)にて購入。
ハーフで400円。
次の「フルーツとナッツのパン」よりもあっさりめな味。


4.フルーツとナッツのパン
画像本名はフリュヒデブロート。
これは毎年の定番。今年は袋にオススメとあった赤ワインと一緒に食べてみた。記事はこちら


5.ジンジャークッキーブリオッシュ〔フランス〕
画像ブリオッシュをクリスマス用にジンジャークッキーの人型にしただけなんだけど、美味しいからこれもあり!
メゾンカイザーにて購入。


番外.パン屋さんのクリスマスケーキ
画像ビゴの店で、クリスマスの日にパンを買ったので、ケーキも調達してしまった。
昔懐かしバターケーキのおひとりさまブッシュドノエルだった。


また来年のクリスマスパンコレが楽しみ(昨年と全く同じセリフ)♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック