「ふーどの地鶏しゃも手羽セット」で美肌サムゲタン風鍋

パルシステムのカタログに載っていたサムゲタン風鍋を作ってみた。
でもいつものように20分で晩ごはん。
画像

メイン食材は、パルシステムから購入した「ふーどの地鶏しゃも手羽セット」。230g399円で手羽元と手羽先が各2本入っている。
後は手抜き風なので、家にあったものでまかなう。

<圧力鍋を使ったてっとり早い方法>  ことこと煮る方法は一番下↓で紹介
1.圧力鍋に、水、にんにく、しょうが、ねぎ、手羽セットを入れ沸騰したらアクをとる。
2.もち米、でっかく切った大根とにんじん、干ししいたけ、胡椒粒、酒を入れてふたをして圧力鍋で5分火にかけ急冷。
3.塩で味をととのえてクコの実をちらす。

なお、分量はすべて適当。水加減は鍋に半分。もち米はどれぐらいいれればいいかわからなかったので1合半(3人分ぐらい?)。材料も、地鶏しゃもで味が濃そうなのと、圧力鍋でいっきに作るので薬味になりそうなものをとにかくたっぷり入れた。

画像適当で手抜き、具が大きいけど、すご~く手をかけたようなサムゲタン風鍋ができあがり。
本格味になったのは、ふーどの地鶏しゃもともち米のおかげ。
もち米のとろ~とした味が地鶏しゃもの滋味あふれる味にぴったりだった。
それに、スープに地鶏しゃもの味がたっぷり出ているのに、お肉にもしっかり味が残っていて、やっぱりふーどの地鶏しゃもは味が濃い。
コラーゲンたっぷりのスープ。これは美肌鍋だ!

こんな簡単なら、また作ってもいいなぁ。

最後にパルシステムのカタログに載っていたちゃんとした作り方(分量の記載はなし)を載せておこう。
<ことこと煮る方法>
1.にんにく、しょうがは薄切り、大根、にんじんはいちょう切りにする。
2.鍋にふーどの地鶏しゃも手羽セット、にんにく、しょうが、水を入れて火にかけ、煮立ったらあくを取る。
3.もち米と大根、にんじん、松の実を入れ、やわらかくなるまで約30分煮る。
4.塩・こしょうで味を調え、クコの実をちらす。

パルシステムは、こちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック