ルーでなくフレーク

カレーフレークの話。
画像

いつもカレーを作るときは、カレールー派。スーパーの売り場でも、ずらーっと並んでいる多数派の箱入りカレールー。
そんな中、前々から気になっていたのが、袋に入った少数派のフレーク状のカレー。
一体どんな感じ?美味しいのかな?
というわけで、購入してみました。使ってみました。
これ↓
画像エバラ食品の『横濱舶来亭カレーフレーク』「こだわりの中辛」。
ふむふむ、見えてるフレークを見ると、複雑な香辛料の色が混ざり合っていて期待もてそう。

発表。今回の具。
○骨付き鶏肉
○にんじん
○たまねぎ
○マッシュルーム
以上。
初めて使いなので、シンプルに、袋の分量通り(ただしマッシュルームだけ加えて)作ってみた。
作り方は、いつものルーとほぼ同じ。
というか、ルーよりも手軽かも。
具を炒めて水を入れて20分ほど煮た後、火を止める。この後ルーでなくフレークを入れるのだが、最初に驚いたのは、袋の封を切った瞬間。
香辛料の香りがぱぁーっと広がる。リッチでなんともいえないよい香り。
入れてかきまぜたら、匂いたつと同時にさっと溶ける!ここがいつものルーとの違い。
そうして弱火で10分ほど煮たら。。。
適度なとろみ、つやつやでなめらかカレーのできあがり!!

さーて食べるよぉー。
今回は、ご飯を炊くときにターメリックとクミンシードを加えて炊いてみた。だから黄色いご飯。そして、新じゃががあったので、電子レンジで皮ごとチンして、添えてみた(冒頭の写真)。
いただきます。
一口食べてみると、複雑な香辛料の香りが口の中に広がり、そしてまろやかに甘いな、と思ったとたん刺激的な辛味もやってくるという、なんとも多重的なお味。
とにかく美味しい♪
香辛料のきいた旨みがたまらない。深みのある味。
うまく説明できないけれど、どんな感じかなと思った方は、試してみて。

ちなみに、もともとエバラ食品の社内向けギフトセット用だった商品で(そんなのあるんだ)、あんまり美味しいので是非店頭にも。となったそう(納得!)。
それと、うちの近所のスーパーでは、今回の「こだわりの中辛」しか取り扱ってなかったんだけど、さらに「野菜仕立て甘口」「BLACK辛口」というのがあるらしい。

えーこの「BLACK辛口」は是非試してみたい!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック