若ボンドに参った☆あし007「カジノ・ロワイヤル」

画像

あー楽しみが終わってしまった。『007カジノ・ロワイヤル』初日につき、六本木ヒルズの映画館に駆け付けてきました。

12月1日映画千円の日にぶつけてくるとは驚き。
そんなことしなくても、コア007ファンは多いだろうに。
でも、新規一転、新規顧客拡大なのかもしれない。

ピアース・ブロスナンが007を降りて、新しいボンド役の話題沸騰だったころ、ピアース=007命のあし007は、たいへん傷心であった。「もう誰でもいいよ。」の気分。
でも密かに美しい洗練された男優プリーズとは思っていたけれど。
その後、噂で聞いた『ER』のコバッチュ先生(ゴラン・ヴィシュニック)でもちょぴっといいかな。なんて考えてもいた。ちょっとティモシー・ダルトンを彷彿させる紳士振り。
それが。
ダニエル・クレイグに決まったと聞き、知らなかったもんだから「それ、誰?」
そして写真を見て、「嘘でしょ。」
だって、どうみてもロシアスパイか冷酷なテロリストでボンドの敵役にしか見えない。爬虫類系の顔の皮膚が薄い感じがどうにもいただけない。冷たくて剛のイメージ。
とてもソフィスティケートなイメージではないじゃないのっ。

映画始まってからも、ずっとそのイメージをひきずったまま「この人がボンド?」のクエスチョン消えず。
しかしね。
この映画、ストーリーがよくできているの。新しいボンド像を再構築していくのだ。
そしていつのまにか映画の世界にひきこまれたら、好きな顔じゃないのに、好きになってしまっていたのだよ。
あのこわーい顔でにっこりされたら、すごくチャーミング♪あれ?いつの間にファン?
それに、この人演技力もある。そして目に宿る知性も。
美しい男優が好きではあるけれど、知性や真面目さが滲みでるような男優も好き。エドワード・ノートンとか。

とにかくダニエル・クレイグの虜になってしまった。一筆加えておくと、この人脱いだらすごいよ。というか今までボンドガールが脱いでなんぼの映画だった(?)けれど、この映画は若ボンドだからボンドが脱いでサービスするのだ。いやーびっくりした。ウルスラ(初代ボンドガール)やハル・ベリーの水着登場シーンへのオマージュ?というようなボンドの水着シーンがあるのだから。若ボンドならでは!

あと、ボンドガールのフランス人女優エヴァ・グリーンのあの瞳は三白眼?
とにかくこの人は今後大活躍だと思う。瞳の美しさの中に屈折や知性が見えて魅力的♪
いやー大収穫であった。
James Bond will returnって待ちきれないよ!!次回もダニエル・クレイグで決まっているそう!うれしーまたダニエル=007見たいよー(ありゃりゃ)。

満足度:★★★★★(満点だ!)
ヨーロッパの美しい風景、芸達者な配役、そしてストーリーの面白さ、007ファンのみならず、皆が楽しめる映画。
余談だけれど、今回のボンドは、アクションシーンが終わった時、顔が傷だらけになっていて、今までじゃ考えられない。まったく違ったテーストだけど正統派ボンドの世界。歓迎!
007 カジノ・ロワイヤル (初回生産限定版)
007 カジノ・ロワイヤル (初回生産限定版) [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 真・映画日記『007 カジノ・ロワイヤル』

    Excerpt: 12月1日(金) 仕事はぼちぼち。 それよりも終業後の方が気になった。 キムタクの『武士の一分』を見るか? 007を見るか? 両方見るとなるとオールナイトだ。 そうなると体力的.. Weblog: CHEAP THRILL racked: 2006-12-04 23:46
  • 007/カジノ・ロワイヤル

    Excerpt: ブルー・アイと金髪の新生ボンド。未完成な男の、最初の任務。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2006-12-07 22:23
  • 「007 カジノ・ロワイヤル」レビュー

    Excerpt: 「007 カジノ・ロワイヤル」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン、カテリーナ・ムリーノ、ジュディ・デンチ、ジェフリー.. Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター racked: 2006-12-08 03:41