やまなし新酒ワインまつり

今年もやってきました!やまなしの新酒ワインまつりin日比谷公園。
秋の一日たっぷり飲んで食べて楽しんできました。

この祭りを知ったのは、5年前もろみや新酒目当てに山梨県のワイナリー巡りをした時のこと。おいしかった新酒を購入したら「来週東京に行きますから。これとこれ出品します。」と明るく案内された。
そんな…だったらわざわざ…列車旅なのでワイン重いし。
落着いて考えると、ワイナリー巡りは楽しいし、もろみを飲めるのもワイナリーに出向いているからこそ。しかし、30社以上の会社が今年のいちおし新酒を2種もって東京に来てくれるんだったら、絶対この機会を逃してはいけない。
画像

去年父母を誘ったところ、ちょうどよい気候とワインでたいへん楽しかったらしく、父からはそのために毎日歩いてます(大袈裟)とメールが来ていたので、今年も両親を誘い、M氏と私で初めて開始10分前(微妙な意気込み)に行ってみた。
それが既に受付前は人々がとぐろをまき、噴水前のワインに近い所も場所取り済み。私達は楽しみにしている度合がまだまだ足りなかった。

今年は33社64種の新酒が勢揃い。それと入場料が700円にアップ。
しかし!今回は招待券があるのだ。アンテナショプ巡りのスタンプラリーで当った山梨県賞(どうもありがとう)。
受付でお金(または招待券)を渡し、”やまなし2006 NOUVEAU WINE”と刻印してあるワイングラスと、出展ワインリスト一覧を渡される。昔は500円でおつまみもついていたが、ここ数年はなし。だけど準備は万端。母持参のチーズと駅弁の数々、私持参のカイザーのパンがあれば最強。
画像

受付を済まし、次は場所取り。11月というのに20度以上もあり陽射しもきついので木陰で新聞紙を敷いてピクニック気分(ピクニックシート忘れてしまったのだ)。
後はリスト片手にひたすら試飲。人気のあるワインは早い時間に売り切れてしまうので、お気に入りを見つけるためにも、試飲のピッチがあがる。
それにしても昼のワインはよくまわる。陽射しのせいもあるかな。
ではもっと食べながら飲まなければ。

画像私が持参したのはメゾンカイザーのフーガスオリーブ。
各種ワインまつりに行く際には必ず持参するのだ。フランスパンだと切らないといけないが、これはちぎれる。そしてワインのおとも塩漬けオリーブがごろごろ入っていて、とにかくワインが進む進む。


画像母持参の駅弁は、上野駅の人気ナンバー1というその名も幸福弁当
蓋を開けて中身を見て、普通の幕の内風なのに1300円という。
それもそのはずすべて厳選素材。確かに1つ1つがこだわり食材でおいしい。特に駅弁のご飯でここまでおいしいとは。あと卵焼きがおいしかった。
名前の通りしあわせ♪


画像

その他、みちこの空弁やら太巻きやらたくさん食べて、気になるワインを試飲。父とM氏の飲んだワインの評価を聞いてまた試飲。これが結構評価が分かれる。父は断然辛口派。M氏と私は多少甘くてもコクがあれば派。しかしM氏より私の方が甘さに寛容。
そして、母がお土産に購入したいというマルスワイナリーの「一番収穫 巨峰 にごり」を試飲。ロゼのにごりで珍しいし可愛らしい瓶。すっきりした甘さでワインをあまり飲まないけれど、という人によさそう。母はおみやげにと2本購入していた。
それにしても、ちょっと飲みすぎ。父もM氏もね。
画像

最後に、全部飲んだ訳ではないので、あくまで個人的な今年の感想。
★流行りのせいかロゼワインが多く出品されていた。ロゼ好きなのでうれしい限りだが、甘いばっかりのが多く、かといって辛口はいまいちで、購入には到らなかった。
★赤はお気に入り候補が見つからなかった。
★白も甲州はもうちょっとコクがあったような気がしたが、なんだか辛口だとさっぱりし過ぎで何も残らないようなものが多かった。しかし香りは本当に素敵。
そもそも新酒なので、的外れな感想かもしれないけれど、ひたすらさわやかさばかりで、含みのようなものがもうちょっとあるとなー。
それと、最近おたるワインをよく購入するのだが、それに比べて全体的に価格が高いと感じた。そしてこの価格だと、流通の点でアドバンテージがあるはずの輸入物に勝てるのかなとちょっと心配になった。

今日のおみやげ
そんな中選んだお気に入りがこれ。
画像

勝沼醸造の「アルガーノ 甲州 ヌーボー」1450円。ラベルも素敵。

画像

いくつか割れたりしたけれど、たまってきたよワイングラス。

日本のワイナリーに行こう!2007

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • やまなしの新酒ワインまつり in 日比谷

    Excerpt: 待ちに待った「やまなしの新酒ワインまつり in 日比谷」の季節がやって参りました~ (^o^) ~パチパチ!!毎年日比谷公園で11月に開催される風物詩。私は去年、こんなイベントが毎年開催されている.. Weblog: わんたU^ェ^Uの日常 racked: 2006-11-08 13:13