今日2本目の試写会「トリスタンとイゾルデ」

2本目はイイノホールで行われた「トリスタンとイゾルデ」の試写会です。

トリスタンとイゾルデ」は「ロミオとジュリエット」の原典になった史上最も美しい悲恋物語。
一瞬誤って申し込んでしまったのかと思った。そもそも恋愛ものはコメディ以外は観ない。たぶん歴史ものだからと申し込んでしまったのだ。
映像はとにかく美しかった。アイルランドの海岸もイングランドの森も。イゾルデの輿入れの衣裳も。そう、衣装がとても美しい。背景となるイングランドやアイルランドの抑え目な自然の色に映える淡いトーンの衣装がすばらしかった。
ここで書くことがなくなった。
たぶん、トリスタン役のジェームズ・フランコがなんとも線が細くて若くて美しく、イゾルデ役のソフィア・マイルズが芯が強くて人生酸いも甘いもすべて経験済みのような女性で、この配役のせいで、私には美しい悲恋物語に思えなかった。配役のいい面として、トリスタンの無垢で一途な感じとイゾルデの本が好きで理知的な感じはよく出ていたけれども。
悲恋物語と聞いて、泣ける映画と思っている人注意。泣いている人見かけませんでした(泣きのポイントは人それぞれなので一概には言えませんが)。

フレディ・マーキュリー」の映画を観た後だったせいで、領主マークがどうしてもフレディに見えてしかたなかった。それもいけなかったかな。

満足度:★★☆☆☆

トリスタンとイゾルデ [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック