湯宿温泉とたくみの里サイクリング

画像

5月のGWに、急に計画した旅行です。テーマは、温泉、山菜、サイクリングの3つ。


画像
温泉
湯宿温泉とは猿ヶ京温泉に行く途中の小さな温泉。
開湯1200年と歴史が古いそうだが、行くまで知らなかった。実際宿も数軒しかない。
国道に面しているため、交通量は激しいが、一歩裏山に入ると、”これこそ里山”というのんびりした雰囲気がよかった。
宿泊したのは、若山牧水ゆかりの宿「ゆじゅく金田屋」。
施設は古いが手入れがいきどとき、温泉もお食事も大満足の内容でコストパフォーマンス高し。

温泉は、もちろんかけ流し。
飲泉もできる。泉質は弱塩類泉(ナトリウム・カルシウム硫酸塩泉)。
小さい湯船で露天はないが、気持ちのいい温泉だった。24時間入浴できるのもいい。
画像
それと湯宿温泉には、こんなにこじんまりとしているのに公共浴場が4つもあり、湯宿温泉宿泊者と地元の人のみ使用できるようになっている。実際早めにいったら誰もいなくて、お湯が煮え湯のようになっていて、だいぶ足し湯をしなければならなかった。





画像
山菜
この宿を選んだのは、山菜料理がおいしい宿で検索の結果。
自然流菜根料理というそうで、ヘルシーでおいしい野菜中心の料理だった。春山菜を堪能。温泉と山菜で身体の中からきれいになった気分。

サイクリング
湯宿温泉から猿ヶ京温泉に行く途中に「たくみの里」という一帯がありここには「たくみの家」が点在していて、そこで木工やそば打ちなど各種体験ができる。
冒頭のワンちゃんはたくみ犬。
”旅に出たら体験教室”主義ではあるが今回はサイクリングが主なのであきらめた(というかそんな時間も体力も残っていないほどサイクリングした)。

貸し自転車は総合案内所の豊楽館にあり、ここでマップももらう。
またまた好きなスタンプラリーだ!野仏めぐりスタンプラリー。山里なので高低差もあり、自転車もままチャリなので、結構な運動量。でもスタンプラリーは楽しかった。
東京ではもう桜は終わっていたがこちらは満開。
あちこちに満開の桜を見ながら、澄んだ空気の春の山里サイクリングなんて。感激。
花溢れるたくみの里のメインストリート。
画像

ちょっと遠くにあるたくみの「おめんの家」。
画像

スタンプラリーの野仏。
画像

春の山里。
画像

画像
画像


画像



昼食
湯宿温泉のすぐ近くには、五郎兵衛やかたという煮込み饂飩のお店があり、昼食に寄ってみた。趣のある建物。古い豪農の別館を移築とあった。私はうどんを食べなかったが、M氏によると具が多くておいしくて満足。「なにはともあれ五郎兵衛うどん。」
画像


行程
東京後閑駅-(バス)-湯宿温泉(泊)
(徒歩)-たくみの里-(バス)-月夜野びーどろパーク
(徒歩)-後閑駅東京
注1)新幹線なら上毛高原駅。
注2)湯宿温泉からたくみの里はバスが便利。

今日のお土産
わさびの花。
東京で買うと高いのです。醤油漬けにしたらおいしかった。
蓋を開ける度にわさびの香り。豊楽館の地場野菜売り場にて。

ガラスのひよこ。
月夜野びーどろパークにて。ここではガラス吹きの体験教室があり
旅先での体験教室好きにはもってこいの施設なのだが、サイクリングに
熱中したので今回は時間切れ。

たくみの里はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック