松嶋屋のおはぎと豆大福

画像

豆大福で有名な松嶋屋で、おはぎを買ってきました。
(追記:最近なぜか検索で訪れる人が急増しているので、地図を追加しました。2008-1-12記)

「ぼたもち」と「おはぎ」の使い分けには諸説あるという。
その中で、いいなと思ったのは、お彼岸のうち春は牡丹になぞらえて牡丹餅から「ぼたもち」、秋は萩から「おはぎ」というもの。ぼたもちってぼたっとしてるからかと思っていたら(もちろんその説もあり)、季節のお花からなんて、なんだかきれい。だいたい和菓子屋さんは、上品な「おはぎ」を使うそうだけど、牡丹餅もいいなぁ。

人気の松嶋屋さんには、ひっきりなしに人が来て列を作り、待っている間には近所の人が予約のおはぎや豆大福を取りに来る。皆おはぎだけじゃなくて、豆大福も必ず買っていく。では、私も。おはぎは、こしとつぶの2種があり、私はこしあんのおはぎにした。上品な甘さと思いのほか塩気を感じる(塩だけ?隠し味におしょうゆなんてないかな)。中のもち米もおいしい。こぶりなのに結構食べ応えがあるのは、もち米のせいか。
そしてお待ちかね豆大福。久しぶりに食べたが、やっぱり周りのお餅部分が好き。それとおはぎで気付いたように、絶妙な塩気は赤えんどうからだけかと思っていたが、もしかしたらあんにもきいているのかも。

松嶋屋のすぐ近くに高松宮邸があり、久しぶりに通ったら、お屋敷と道路の間の細長い隙間にマンション建設が進んでいて驚いた。今後高松宮邸はどうなってしまうのだろう。木がうっそうと茂り、大切な緑なのになぁ。

今日のおみやげ
おはぎ2個。
豆大福2個。
画像

こんなちょっとしか買わない人、あまりいなかった。皆大量購入。
豆大福は、午前中に売り切れてしまうことが多いので、確実に手に入れたい時は予約をした方がいいかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 東京タワーと豆大福

    Excerpt: 所用で三田に行く。雨上がりの快晴で、東京タワーが青空に映えてくっきり綺麗だったので、増上寺まで足を伸ばした。 Weblog: あしのおみやげ帖 racked: 2008-05-14 14:19