映倫前の試写会「ブラック・ダリア」

イイノホールにて、GTFの試写会「ブラック・ダリア」を観てきました。

ジェイムス・エルロイの暗黒のLA四部作のひとつ。このうちのひとつは
先に映画になった「LAコンフィデンシャル」。
1947年ブラック・ダリアと呼ばれる女優志願の娘が惨殺される。
この事件にとりつかれた、というか自分から巻きこまれていった
男(警察官)ふたりとそのガールフレンドの物語。

原作は何年も前に読んでいたので、ブラック・ダリア事件が実話の
未解決事件であり、エルロイの母も何者かによって惨殺されたために、
この本を母に捧げていること、ぐらいしか覚えていなかった。
映画を観終わって、「なんだかまとまりがないなぁ。」と思ったが
帰宅して再び拾い読みをして、「よくぞ、この長大な物語をまとめた
ものだなぁ。」に変わった。
それと、血と暴力のエルロイ作品が、こんなにも血や暴力シーンなしで
描いたなと感心もした。血と暴力は事件ではなく、ボクシングシーンで
描いてあった。粋。
実をいうと、ミステリーやミステリー映画は好きだけど血のシーンは苦手。
それなのにブライアン・デ・パルマだなんて(血のイメージ)、
ひやひやして観ていたのだ。
確かにブラック・ダリアの胴体真っ二つの死体は出てくるが、血は見えない。
オブジェと化している。まるでマネキンのように。でも、マネキンも怖~い
(子供の頃に怖かった江戸川乱歩を思い出して)。
たぶん、血塗られた物語だからこそ、血を排除したのでは。
それと、階段の踊り場から落ちていく相棒を助けようとする主人公というシーン。
これもブライアン・デ・パルマ。

ブラック・ダリアの生前を描くのに、カメラテストで描いたり
事件解決にかかわってくるポルノ映画がもちろん実写で見れたりと
映画としての利点はあるものの、原作には負けているように感じた。
映画だけで考えても、「LAコンフィデンシャル」の方が面白いかも。

原作を読んだ方、ブライアン・デ・パルマ好きにはオススメ。

満足度:★★★☆☆

公式HPはこちら


私の持ってる文庫の表紙は、ブラック・ダリア本人の写真をもとに描いた
肖像画で、私はこれが怖くてしょうがない。だたの肖像画なんだけど。
今Amazonで見たら、No Imageだったけど、映画公開ととも再販されて
載るかも。それとも映画版の表紙になるか?
ブラック・ダリア

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月25日 15:21
Amazonに表紙出ました。これです。
以前は怖いだけだったのが、他の本で死体写真を誤って見てしまってから、もう思い出しそうで表紙を注視できなくなりました。写真を見たくない人はブラックダリア本を気軽に手にとならいように注意。

この記事へのトラックバック