あしのおみやげ帖

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本にいても旅は続くのだ!の巻(フェルメール全点制覇の旅?の途上)

<<   作成日時 : 2008/12/06 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

百名山とか百名城とか、七福神巡りも?もしかしたら四国八十八箇所巡りもかな。
日本人は(あし007も含めて)スタンプラリー的踏破の旅がとっても好きなのでは。
フェルメール全点踏破の旅に挑むのもやっぱり日本人特有なのか?それとも海外でも流行っているのか?

巡りの旅や踏破の旅は、どんなものでも何か縛り(範囲)があってゴールがないと挑めないもの。
その点、フェルメールは真作三十数点というのが適度で、簡単ではないけれど実現不可能でもないし、有名美術館を巡ったりの楽しみもあって、踏破の旅にはもってこい。

とはいえ、そうそう海外旅行で豪遊というわけにいかない身には、一生のうちゴールできればぐらいの気持ちだったけど、ここのところわざわざ海外に出かけて行かなくても、フェルメールの方からやってきてくれるという幸運が続く。
すごいよ。

昨年は傑作『牛乳を注ぐ女』がやってきた(ブログ「牛乳よ牛乳!」)。
そして今年は、なんとまとまって7点も!
8月2日から12月14日まで、夏秋冬と3シーズンもずっと東京に7点ものフェルメール作品が並んでいたという東京都美術館『フェルメール展 〜光の天才画家とデルフトの巨匠たち〜』。
いついこうかと考え、この期間の誕生日の日に『ヴィルヘルム・ハンマースホイ展』とはしごで行ってきた。まさに自分へのプレゼント。

7点は↓
  1. 『マルタとマリアの家のキリスト』 スコットランド・ナショナルギャラリー蔵

  2. 『ディアナとニンフたち』 マウリッツハイス王立美術館蔵

  3. 『小路』 アムステルダム国立美術館蔵

  4. 『ワイングラスを持つ娘』 アントン・ウルリッヒ美術館蔵

  5. 『リュートを調弦する女』 メトロポリタン美術館蔵

  6. 『手紙を書く婦人と召使い』 アイルランド・ナショナル・ギャラリー蔵

  7. 『ヴァージナルの前に座る若い女』


お、2は修復で青空がとれた作品だ。
画像←青空ありの写真。やっぱりこの青空があると、よくある作品風になってしまう。
実物(青空なし)は、暗くて重厚なイメージ。
フェルメール唯一の神話画。

さらに6は盗難後の修復で赤い封が表れた作品だ。
見たかったのよね。
当初、ウィーン美術史美術館の『絵画芸術』が来ることになっていたのが直前に中止になり(一度許可が出て後からだめになるなんてことがあるのが不思議)、6がやってくることになった。
画像

『絵画芸術』は、まさに初めてフェルメールに接した第1作。
このときの旅では、クリムトにはまって帰ってきたのだけど、でもフェルメールの『絵画芸術』の吊るされた絨毯が強く印象に残る(絨毯だけ?)。
だから、全点制覇の旅には6はプラスなんだけど、でもやっぱり『絵画芸術』がみたかった。
(余談だけど、『液晶絵画 STILL/MOTION』展で観た森村泰昌の『フェルメール研究(動く絵画)』のせいで、後ろ姿の画家が森村氏に見えてしまって、以前とは違う印象になってしまった。これだけ残ることになってしまって、後からすごく感心したけど。でも、それでは困るので実物の『絵画芸術』の力で記憶をリセットしなければね。)

今日の一枚
悩む。
ほんとのこというと、最初フェルメール7点すべてぴんとこなかったのだ。
(フェルメールで選ばなければ、ピーテル・デ・ホーホの『食料貯蔵庫の女と子供』なんだけど)

牛乳よ!のときのような感動や、『窓辺で手紙を読む女』のときのような感激がなくて。
そりゃフェルメールにも傑作と、それと比べると劣る作品もあるし、あし007の好みもあるし、毎回感動や感激を期待してはいけなかったのだ。
そんなことに今頃気付き、そして全点制覇の旅の意味を少し見失う。

やたら混雑してたからかなぁ(11月に70万人!突破とあった)。またまたパンダ状態で観覧したし。

それでも牛乳のときは流れて観ても一瞬で心鷲掴みだったけど。
今回は流れて流れて「あ、終わっちゃった。」という感じ。

ならば、もう一度人混みを避けて少し遠くからじっくり観て、絵との交信があるかないかを確かめる。
画像

ちょっとぴぴっときたのが『リュートを調弦する女』。
調弦しながらぱっと窓の方に注意を払う、その一瞬に出くわしたような気分になる。
「はっ。心が寄り添ったかも。」
そうそう。
この臨場感。同じ場に臨む感じ。心のうちにそっと寄り添ったような感じ。
これを求めてフェルメールを観に来たのだ!

やっぱりフェルメール全点制覇の旅?の途上にまだいるみたい。
一気に駒を進めて15/37になる。


フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版) (集英社新書ヴィジュアル版)
集英社
朽木 ゆり子

ユーザレビュー:
美術館に行く前に、ぜ ...
展覧会に行く前に是非 ...
流れるように読める普 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『ディアナとニンフたち』の画面左下で、お座りしている後ろ向きのワンちゃん、とっても可愛いわ
アオちゃん
2008/12/06 23:45
アオちゃんへ
やっぱり?!ラブリーよね。ちょっこり。
重厚な絵なんだけど。
フェルメールの絵で犬がいるのってこの絵だけかしらね?
あし007
2008/12/08 13:51

コメントする help

ニックネーム
本 文

あしのおみやげ帖

ブログもくじ◆◇◆

  1. 旅とおみやげ部
  2. アート部
    美術館*博物館めぐり
  3. 映画部★★★★★
  4. 花と園芸部
  5. 手作り*体験部
  6. ムーミン部
  7. 美味しいもの*好きなもの部
    パル記事もここ

日本にいても旅は続くのだ!の巻(フェルメール全点制覇の旅?の途上) あしのおみやげ帖/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる